2007年06月06日

俺のギター1

俺の所持品を少しづつ紹介していこう。
エピホンのリビエラだ。

epifon




ギブソンES-335のエピフォン版がリビエラだ。

同じギブソン工場で作られていてもエピフォン版は安く取引されており、70年代前半のES-335より安く入手できた。

それに、ミニ・ハムバッカーは中音が強いセミアコにマッチしていて、ラージ・ハムバッカーより使い勝手がよい。

もともと、エピフォンは、ギブソンの直系のメーカーブランドだ。

あのギブソン335と同じ物を持っているとは嬉しい。

ギブソンなど、俺の手の出る価格ではないのだ。


実はこのギターには色んな曰わくがあって、学生時代に先輩から譲り受けたものだ。

大切にしてますよお。安心してください。

このギターは、俺のサウンドには欠かせない、牛の様にうなりをあげる。

くー。やっぱ本物。



それにしても。未だかつて、ギブソンは買った事が無い。いつかはクラウンでは無いけど、いつかはギブソンって感じだ。
posted by noname at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

まずは、スタジオ確保

あえて、実名でいくことにしよう。

ポップス川上でスタジオ確保した。6月23日の土曜が取れた。
当面2人でやるので、スケジュール合わせが簡単だ。
ギタリスト2人なので、とりあえずギターデュオで、リハビリだ。

もう一人のギターは、宮崎真二、ブルースギタリストだ。
ジョー・パスをやりたいらしい。

おおお、ハードルっ!

俺は、パラシュートというか、松原正樹と今剛のデュオあたりから始めたいな。
posted by noname at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

はじめまして

名前はまだ明かしませんが、かつてのボーカリスト&ギタリストです。
大学時代の先輩が近くに転勤になったのを機に、また音楽を始めようと思い、このブログでその奇跡をつづります。
posted by noname at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。